2012年 03月 06日 ( 1 )

 

小暮写真館/宮部みゆき

b0226275_23294627.jpg
とてもとてもいいお話だった。タイトルからは想像つかない話だったけど(ミステリーだと思ってた…)、いつまでもこの小暮写真館に住む花菱家の人たちを見ていたい気になる本だった。
今年の暫定№1かな。まだ3月だけど(笑)

それぞれの人たちにとっては大きな事件だけど、世間的にはよくある日常。そんな風景をじっくりと表現する長編って、宮部みゆきの本としては珍しいかもしれない。

ラストがせつないけど、読み応えばっちり、安心感もしっかり、登場人物全員のその後が気になる、何度も泣ける本だった。

特にふうちゃんの死にまつわる話はどれも泣いちゃう。
親しい人が亡くなると、誰もが悲しく思うのと同時に、どこかで自分の責任を感じちゃうというのに同感。自分のせいじゃないかとか、自分が何かできたんじゃないかとか。
周囲の人間がそれを分かってあげてるのと分かってないのとでは、遺された人間の生き方は変わってくると思う。

またこういう本を是非読みたい。
[PR]

by honochimama | 2012-03-06 20:29