2012年 01月 24日 ( 1 )

 

世田谷一家殺人事件/斉藤 寅

b0226275_2304476.jpg

出版当時、色々と話題になったこの本。
書かれてある事が全部本当であるとすれば、世田谷一家殺人事件の犯人の指紋も顔写真も名前も判明していて驚くべき事だけど、それならどうして未だに犯人は逮捕されてないの?という大きな疑問にぶちあたる。

本の内容は、ジャーナリストである著者が世田谷一家殺人事件の犯人につながると思われる「クリミナル(若年外国人集団による犯罪グループ)」を追っている間に、大阪の曽根崎でおきた殺人事件や九州で起きた中国人留学生による夫婦殺害事件にも世田谷の事件との関連を見つけていき、最後はなんだか消化不良のところで終わっている。

内容の大半はクリミナルグループの話である。世田谷の一件に関わっているとされる韓国人男性のHのネタもクリミナルグループの一人から裏社会の人間を通じて仕入れているのだが、ネタを提供してくれた人間はその後死体となって海に浮いたらしい。
警察関係者や裏社会の人間が「ここだけの話…」といって著者に秘密のネタを提供している…とは著者本人の話なのに、それをここで本として公表してしまっていいの?ネタ提供者だったクリミナルグループの一人は殺されてしまったのに?と、胡散臭い点はかなりある。

それでも学ぶ事はあった。
防犯と心構えは大事だな、という点。
怨恨以外で犯罪者に目を付けられる人間や家には共通点がある。自分が犯罪に巻き込まれるとは思ってもいないというところだ。(必ずしもそうではないけど)
「家に現金や財産があると思われる生活をしていないか」「家が無防備になっていないか」「狙われやすい生活パターンではないか」思い返して確認できる事項はいくつもある。

世田谷一家殺人事件は本当に痛ましい事件でしかない。無防備な幼い子供まで残虐に殺めている犯人は一体どんな人間なんだろうか。
[PR]

by honochimama | 2012-01-24 23:44