2012年 01月 06日 ( 1 )

 

オジいサン/京極夏彦

b0226275_23172098.jpg

タイトルが気になったので、ワクワクしながら手にとって読んだ本ですが、予想を裏切ってくれる本ではありませんでした。
「死ねばいいのに」同様、妖怪とは全く無縁の、京極さんっぽくない内容です。

とりとめのない老人(オジいサン)の思考がそのまま活字になって並んでいる状態が終始続いているので、読みながら呆けてしまいそうになります。
だからといって面白くないというわけではなく、オジいサンの何気ない日常と思考には「ああ、あるある!」と笑顔でうなずいてしまいます。

平和な日常は退屈と隣り合わせでもあります。
この作品を退屈と思うか、ほのぼのして心地いいと思うかは、読み手次第だと思います。

最後の電気屋さんの告白は、唯一大きく心動かされたシーンでした。
[PR]

by honochimama | 2012-01-06 23:31