2012年 01月 04日 ( 1 )

 

死ねばいいのに/京極夏彦

b0226275_22535557.jpg

衝撃的なタイトルです。何度見ても慣れません(笑)

京極さんといえば妖怪がらみの話しか読んだことがなかったので、「死ねばいいのに」はまるで別人が書いた話のようだなと思いながら読んでおりました。
ケンヤのバカっぽい話しぶりに多少イライラもしますが、何も考えてなさそうな会話なのに、実のところ的を射てている所も多いのが面白かったです。

ただ、誰に対しても結局は「死ねばいいのに」と持っていくところが強引だな~。
ケンヤに教えてあげたい。誰も彼も皆、結果や答えばかりを求めてるわけじゃないんだよって。こんな悩みがあるとか、こうしたいけど上手くいかないとか、苦悩を口にする人間は「マルかバツか」の解答を聞きたいわけじゃない。聞いて欲しいだけだったり、「大変だね」と相槌を打って欲しいだけだったりする。「死ねばいいのに」はまさしく「マルかバツか」よね。

物語の大半がもどかしい会話で構成されているので、あっという間に読み終わります。話が重いんだか薄いんだか、はっきりしないまま読み終えてしまいました。
[PR]

by honochimama | 2012-01-04 22:53