2011年 10月 08日 ( 1 )

 

伏/桜庭一樹

b0226275_23174229.jpg
副題として「贋作・里見八犬伝」とあるこの本。桜庭一樹らしい、つかみどころのない不思議な話でした。
この人の話はどれも人物に感情移入しにくい割には、文章でひき込まれちゃうから不思議です。

実は浜路本人も伏だった、とかそんなどんでん返しがあるのかな?なんて思ってたけれど、そんな奇想天外なラストはなく、伏(狼男みたいなものかな)と浜路の不思議な交流が淡々と続く。
個人的には本筋よりも、伏姫の贋作里見八犬伝の方が印象的で面白かったな。
[PR]

by honochimama | 2011-10-08 23:25