2011年 08月 10日 ( 1 )

 

痺れる/沼田まほかる

b0226275_14135071.jpg

「爛れる闇の帝国」に続いて、またしても暗いドロドロのミステリー。短編集ですが、どれも短い割には濃厚で重いです。大好きですねこういうの。
血しぶきがぶしゅっと出るのではなく、じわじわとやって来る恐怖。まほかるさんってそういうのが上手。毛虫が身体の中に入っていったり、暗闇の中を入れ歯が駆けてきたり…。

本来短編集はあまり好きな部類ではないにもかかわらず、この本はたっぷり楽しめました。
[PR]

by honochimama | 2011-08-10 14:17