2011年 07月 30日 ( 1 )

 

神様のメモ帳/杉井 光

b0226275_23533047.jpg
訳あって手にしたこの本。言わずと知れた電撃文庫のティーンズ向けのライトノベルズの一冊。若い子にも読みやすい本……なのですが、これを一冊読み終えるまで数日かかってしまいました。通常の文芸書なら1~2日で読み終えるのに。

なんというか…、一言で言うと、青春がまぶしすぎてアラフォーのオバちゃんには眩し過ぎる!その眩しさに目がくらくらして、なかなかページを進めることができませんでした。

ただね、オバちゃん「ニート」という単語が好きではないの。「ニート」という言葉がニートに逃げ場所と言い訳を作ってあげてるみたいでしょ。屁理屈かしら。

主人公のアリスもそれで収入を得てるのなら、別にニート探偵を名乗らなくてもただの引きこもり気味の探偵でいいんじゃない?なんて、つい突っ込みをいれてしまいたくなるのは悪い癖。

ついでに言うと、自分のことを「ぼく」という女の子も好きではない。でもアリスのこのおかしなしゃべり口調が彼女のキャラクターを引き立ててるんだからしょうがないかな。

「神様のメモ帳」はシリーズもので続きがどんどん出ているけど、「2」はもう少し間をあけて読もうかな。
重い文芸書を読みたい…。
[PR]

by honochimama | 2011-07-30 00:06