2011年 05月 27日 ( 1 )

 

流星の絆/東野圭吾

b0226275_9473762.jpg

今さらです。
やっと読むことができました。

この本をなかなか読まなかったのは、ある理由があったからです。
以前「流星の絆」がドラマ化されて放送されていた時(嵐の二宮君主演で)、まだ小説を読んでなかった私は「絶対に原作を読むまで見ないぞ」と誓っていたのです。
ところが、どういう経緯でかもう記憶が定かではありませんが、TVでこのドラマが流れている部屋にいなくてはいけない状況になってしまいました。(お友達のお部屋におじゃましたら、背後にあるテレビでドラマが流れていたとか、そんな感じ)

それが何故か最終回

「見るまい…見るまい…」と思っていても、意識すればするほど目がいってしまうというもの。結局原作を読む前に犯人を知ってしまうという大失態をやらかしてしまたのです。


何が言いたいのかというと、せっかくのおもしろいはずの話を、今回は100%楽しんで読めなかったということ。そりゃそうよね。犯人が誰だか分かってるんだもん…(T_T)
[PR]

by honochimama | 2011-05-27 09:57