不祥事/池井戸 潤

b0226275_2217165.jpg

これまた「なぜこの装丁!?」という表紙。装丁にはうるさい私です。
こんな表紙なのに、内容は重厚とは遠く、どちらかというとコミカルで爽快な話でした。まだ文庫本の表紙の方が内容に近いかな。

銀行の調査役の頼りない相馬としっかり者の女性行員・花咲とのコンビが中心となった話が数話分で構成されているのですが、どの話も花咲が最後に「ほれ、見たことか」とかましてくれて、水戸黄門さながらの(それ以上の)爽快感がたまりませんでした。
ストレスのたまっているときに読むとすっきりするかもしれません。
[PR]

by honochimama | 2011-09-22 22:23  

<< 江戸の替え歌 百人一首/江口孝夫 赤朽葉家の伝説/桜庭一樹 >>